忍者ブログ

心汰の冒険

2010,3,11...設置

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
プレステ2のFF8をプレイしてはまってから、FF8にのめり込みました。
このあと何年も、この、FF8の絵を描いてます。ちなみに、2015年現在も
FF8にはまっています。

2002年に描いた漫画
タイトルが、ゼルとチビ暴れん坊
熱血懸垂伝説~前偏~
憧れの試合場へ!いざ出陣!!

となっていますが、これは前偏で終わっています。なんで後編も書こうとしたのか不明。
・・・と思ったらちゃんと後編から始まるコマがありました。
~後編~
ゼル登場!勇者の証は誰の手に?!!

って。登場シーンが後編から始まるっていう・・・。

ちなみにこの漫画は40ページもあります。

長すぎるので要所々々と最後の見せ場のコマだけ載せます。

前偏は、三つ編みさんとゼルとチビ暴れん坊(以下弟子)の絡みが無駄に長く続き、三つ編みさんがホークウィンド平原で開催される懸垂大会に、余ったパンフレットをゼルに渡して、優勝者に与えられる景品が、
”勇者の証と、食堂のパン一年分の無料回数券と、超セクシー美女のキス”と知って意気揚々としたゼルと弟子が
会場へやってくる・・・というような内容です。



開催日時がムダにリアル・・・。






そしてゼルが登場するコマをスキャンして載せてみる



これの説明をします。これは、ゼルたちが会場に着いたときには
すでに試合が始まろうとしていたので、遅れてきた彼達は
派手に登場してやろうと、上空から(どうやって登ったかは不明)地上へダイブしました。そして、



失神。その二人を助けるためにスコールが活躍して、結果的にスコールが会場の注目を一手に受けて拍手喝采されるという、
世の中の不条理さ(?)を描いた一場面です。
今思えばこのコマ全部いらなかったかも知れない・・・

そして



大会が始まるとただの懸垂大会ではないことが・・・



・・・


・・・・


・・・・・


・・・・・・


・・・・・・・


・・色々ありました(説明することが不可能)・・・
そしてこの漫画のクライマックスを迎えます。以下台詞付きです。

最終決戦で、ゼルと弟子が闘うことになり・・・弟子は敗北しました。




「兄貴には分かんねえよ・・・!!
俺の気持ちなんか・・・」



「俺・・・」



「俺、いっつも兄貴より劣っててさ・・・
何やってもどうやったって
兄貴に勝てやしないんだ」



「俺は世界一弱ぇ男なんだよ!!!」
「一生吠えてろ」



「なんでだよ?!!
何でなにも言ってくれねえの?!
ねぇ兄貴!!!」



「甘ったれんな!!!」
(なべのくだりからいきなりシリアスになってます)



「いつまでもめそめそ泣きやがって・・・」



「お前は一生俺の側にいるつもりなのか?」



「俺はごめんだぜ
一生お前の子守りなんてな」



「もういい!!!分かったから!!!もう・・・」
「くやしかったら!!!!」



「くやしかったらな・・・

もっと強くなって俺をぶっ倒しにこい!!

話はそれからだっ」

「あ・・・兄貴!!」

「ゼルさん・・・」

「俺!!
ぜってえー強くなってやる!!!」

ゼルが微笑む・・・

続く






拍手

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

らくがき帳

完成させられるか分からないイラストや、思いつきの鉛筆らくがきを載せています。

GARDEN SQUARE

ニュースがあれば更新されます。
You need to upgrade your Flash Player.

Flash電光掲示板を作成する

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

サイトの歴史

≫サイトの歴史
...PCサイト
Since 2009.10.2
...携帯サイト
Since 2003.12.27
Move 2010.4.17

広告

PR

忍者バリアー

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 心汰の冒険 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]